2007年03月08日

腰巻完成〜

去年の12月から趙雲製作ストップしてました(汗)
1月2月は仕事忙しかったような気がします。。。
ま、いつものことです。

で、気を取り直して製作開始です。
金的当と太腿当にベルト通しを付けて試着してみました。
見た感じはOKなのですがベルト通しをGボンドで着けたので剥がれ安かったので、後で一回剥がしてミシンで縫います。
コスしてる最中に外れたら元も子もないので・・・
もう一つは腰巻きです。パーツの切り出しはやっていたので端を折ってGボンドで貼り合せました。

ここまでやって、作業中暖房消してたのかお腹冷えて大変な事に(死)
今日の作業はこれで終了してストーブの前で丸くなってます(汗)

2006年12月30日

金的当&腰巻〜

久々の製作再開です。
やっと製作できるくらいに回復したっす^^


金的当の裏の部分の縁にGボンド塗って折り合わせてます。


折り合わせました。


マスキングテープを貼ってからアクリル絵具を塗りました。



次に上の画像の腰巻の製作に移りました。


素材に型紙を置いてボールペンで型を写します。


で、切り出しました。

今日はここまです〜

2006年12月12日

途中経過〜



背中と肩のパーツにマジックテープを付けて取り外しできるようにはしました。
なので、一回着て見ました。顔と下半身は自主規制しました(爆)
腕のところが下がってしまってますがこんな感じです〜
完成までは身体まじで引き締めないとやばいです(><)

2006年12月07日

金的当〜

ひさびさに製作再開しました。
腿当の裏面の縁を塗った後に、金的当の製作開始しました。


キャリーレザーを切り出しました。で、湾曲してるので切り込みを入れました。

2006年11月26日

腿当裏面塗装


久々に衣装製作しました。でもちょっとだけですが。
腿当の裏面の塗装です。Gボンドがはみ出してたところはホワイトを塗ってから、青色を塗りました。
ムラがあるので乾いたら二度塗りします。
腿の部分は装着時に反対から見えてしまうので裏まで塗装しとかないとちゃちく見えてしまうものなのです。

2006年11月19日

腿当の二度塗目


今日は、腿当の二度塗りして終了です。
明日から秋田へ出張なので製作はちょっとお休みです〜

2006年11月18日

腿当〜


腿当のキャリーレザーの裾の部分へGボンドを塗ります。


Gボンドが乾いたら、折って貼り合わせます。


次に両脇にGボンドを塗ります。


Gボンドが乾いたら、片方ずつしっかり折って貼り合わせます。


貼り合わせるとこんな感じです。


表に返してマスキングテープを貼って、アクリル絵具を塗ります。


塗った後です。乾いたら二度塗りします。

2006年11月15日

今度こそ腕当完成〜


腕輪の取り付け部のところを作ってます。マジックテープとキャリーレザー(いつも使ってるレザーっす)にGボンド塗ったとこです。


取り付けるとこうなります。長さが足りずに取り付け部をちょっと長くして調整しました。後で白いとこはアクリル絵具を塗ります。


腕当に腕輪をセットしました。ようやくできました〜
毎回言いますが、模様は時間あるときに後で描きますよ(  ̄∇ ̄)遠い目。。

2006年11月14日

腕当未完成でした。。。


腕当完成してたと思ったら、設定みたら、ゴールドの縁を塗るのを忘れてたとこありました。
今日、塗り足しました〜


それと腕輪のパーツにゴールドの○を描きました。ほんとはなんかリベットっぽいような感じみたいなのですが、はしょりました。
それとマジックテープが無いので、腕輪も完成できませんでした(  ̄∇ ̄)遠い目。。
時間あるとき買出しに行きます。


次のパーツ製作にとりかかりました。
太ももの部分の布みたいなとこ仮に腿当としますが製作始めました。
裁断してGボンドを塗布する部分に線引きました。

2006年11月13日

腕当完成〜(腕輪は途中ですが)

体調が良くなったので製作再開です^^


腕当ての内部に仕込むマジックテープにGボンドを塗って、 片方に糊しろのようなマジックテープしろ用の合皮を調度良い大きさに切ってそれにもGボンドを塗ります。


で、マジックテープを接着しました。すると右のようになります。
これでマジックテープで脱着できます。左のがマジックテープで留めた場合です。


腕輪の部分はまだできてないです。縁にゴールドを塗るのでマスキングテープを付けます。


ゴールドを塗り中です。乾いたらもう一度ゴールドを塗ります。

2006年11月09日

合体〜


やっと、アクリル絵具の重ね塗りでムラが無くなったので、これを合体させました。
左の方が上になり、右の方がしたになります。


Gボンドで接着させました。あと、これに、マジックテープをつければ完成です。

2006年11月07日

腕部分の二度塗りと手首の輪。


二度塗りしました。でもまだムラがあるのでもう一回上から塗らないとだめかもです。

乾かしてる間に、手首の部分の輪を製作しました。

型紙からサンベルカハードを切り出して、Gボンドを塗りました。


合皮も切り出してGボンドを塗りました。


貼り合せをして、縁周りにGボンドを塗ります。


縁を折り曲げて接着させます。


そして設定の緑の色を塗布します。


移動させるために片方を残して塗ります。乾いたら二度塗りします。

2006年11月06日

腕の部分の色塗り〜

腕の部分の色塗りしました。


まずは、マスキングをして、縁をゴールドで塗ります。


他のパーツも色塗ります。腕の本体の方は緑色塗りました。
模様があるのですが、今回は手抜きしようかと(  ̄∇ ̄)遠い目。。

まずは、サクサク基本の形を作って、時間あるときに模様描いていこうかと思います。

2006年10月17日

手腕甲その3


手腕甲の上部のサンベルカハードと


合皮の方にGボンドを塗布して


貼り合わせて左右作りました。


手腕甲の下部も同じようにGボンドを塗布して貼り合せます。


左右作りました。
この後、設定を見て色塗りをします。

2006年10月14日

手腕甲の製作。


肩当ての龍の描き終わりました〜
拡大するとこんな感じなんです。


で、今日からは手腕甲の製作にとりかかりました。


いつものように型紙を展開してサンペルカハード(2mm厚)に置いて切り出します。


左右両方切り出しました。
これから合皮を切り出してGボンドで貼り合せます。

2006年10月12日

肩当続き


着色に入りました。
アクリル絵具のゴールドを塗ってます。


その後、輪郭線に沿ってシルバーを塗ります。
けっこう細かい作業になるので根気が必要かもです(汗)


片方は途中で疲れたので、今日はここまでの作業で終了しました。

2006年10月09日

肩当の龍図


久々に趙雲製作再開しました〜
肩当が途中だったので、龍の図を作ってました。
いろんな龍の図をネットでさがしてそれを参考にパソコンで描いて印刷して切り抜きました。
自分で描けないのですよ(泣)


両方同じように専用の接着剤で肩当に貼り付けました。
接着剤を1日乾かしてからこの後アクリル絵具で彩色します。

しっかし、何ヶ月ぶりかなコス衣装作るのは(  ̄∇ ̄)遠い目。。

2006年07月16日

少しづつですが・・・


マスキングテープを貼って、ゴールドで縁を塗り中です。
裏側も縁取りして塗ります。
乾くのに2時間いるんで、ほんとゆっくりです。

2006年07月11日

久々再開〜 肩当てと背中当て

やっと、趙雲の製作再開です〜
今回は肩当てと背中当ての製作日誌です。


肩当ての中の部分です。Gボンドを塗って


上から生地を貼りました。


背中の部分の製作途中です。Gボンドを生地と中身のサンベルカに塗ってちょっと乾燥させてから貼り合せます。


設定資料通りにアクリル絵の具で色塗り中です。
青色の生地を貼れば早いのですけど、あえて色塗って製作してます〜
一度塗りで乾燥させ中です。乾いたら二度塗りします。

今日はここまでです。
肩当ての中心に龍の模様を後で描いて背中のパーツと組み合わせてればこれは完成するんです。

2006年05月13日

槍の製作〜

木曜日に、鎧用の生地、この間のファンディは薄いので、マブチに行って買い直しに行ったのです。

キャリーレザーを買いました。生地を折られるのが本当は嫌いなので、丸めて包んでもらいました。
で、この状態で担いで、歩いて、バスに乗って家に持って来ましたよ(笑)


さて、槍の製作です。
と、言っても製作時間があまりとれないので柄の部分だけですが。
材料は、100円ショップの紙のパイプです。これで棚とか作れるのです。紙なのですがかなりしっかりしてるので、長くしても折れにくいのです。


まずは、接続用の紙パイプの切断です。


真っ二つに切断します。


本体の紙パイプに無理やり入れます。


5本つなげてみました。約2mくらいになりました。


で、簡単に分解できます。
これなら他の武器とかにも応用できるかと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。